Shingo Tokihiroのおしゃれ旅情

デザイナー時広真吾が、仕事で巡る国内、海外で、あるいはショウの舞台裏、制作現場までをも旅と捉え、そこで出会った人・物・風景などから夢のような独特の情景を浮かび上がらせてゆく日記風エッセイです。月に1度あるいは2度更新してまいります。どうぞ、お楽しみに。

第一回
9月の名残りに 青女月、最後の雨の彼方に望月は笑う

第二回
鏡祭月の想いで二題 あの城が私を呼ぶ秘密は/童話の世界の扉にたたずんで

第三回
龍潜月 二題 母という鏡、友という舟に歌う/笑いかける雲に

第四回
花残月の扉に立って

第五回
夢の飛び石

第六回
展示会という旅

第七回
振り返る美しい時間、うつくしい人、そして生命

第八回
旅先の虹

第九回
得鳥羽月 花嵐の静寂に、夜

第十回
梅雨を慕う心に、海の底の都

第十一回
ソウルの空をゆく雲よ

第十二回
たゆとふ雲のゆくへと運命の楽譜

第十三回
建辰月までのゆるやかな路

第十四回
鳴神月 四題

第十五回
故郷の浜辺で

第十六回
作品集[世界]創作の途上は

第十七回
暁の船出を想う大阪のコレクション

第十八回
硝子の体の中の波

第十九回
以前にも紹介した携帯の旅メールの中から心に残る四題

第二十回
空も心も春の懐に

第二十一回
私というkeyステーション

第二十二回
早花月のおわりに思う色

第二十三回
私の中の、二つの泉

第二十四回
懐かしい詩集が伝えるもの

第二十五回
ごろり寝返りを打つふるさと

第二十六回
いにしえも今も

第二十七回
夢とこころと時間のうねりに

第二十八回
愛逢月に現われた美女は

第二十九回
2005年のクリスマスに、新しい始まりに

第三十回
嘉月のはじめ、沈丁花の咲く前に

第三十一回
国際シェイクスピア フェスティバル旅日記

第三十二回
神の島と能舞台の聖域

第三十三回
長月に如月のこと

第三十四回
見えない道と信じることの道しるべ
京都・横浜・宇部・春川(韓国)・下関

第三十五回
巡る螺旋の新しい年を前に

第三十六回
2006年の美しかったもの

第三十七回
作品集「世界」を生み出す歓びと苦しみ

第三十八回
桜色から若竹色へ心も大地も

第三十九回
黄金週間の絆とコレクションと

第四十回
こころの波と時間の風に吹かれて

第四十一回
それは福島の・・・

第四十二回
祈りと灯火と歌の華

第四十三回
月の旅、月光の便り

第四十四回
「人びと」という名の詞華集

第四十五回
心の雪とゆるやかな春の歌

第四十六回
時の翼とこころの地図に沿って

第四十七回
花残月の誓い

第四十八回
あれからとこれから

第四十九回
旅人の安息の場所は・・人の温もりの

第五十回
涼暮月の雲の旅

第五十一回
舞台と風と旅立ち

第五十二回
往く時間(とき)を眺めている瞳

第五十三回
もみじ・紅葉・モミジ それから師走

第五十四回
命と死を纏いながら招く新しい年

第五十五回
弥生の移動中の日記から(散文)

第五十六回
卯花月・若葉の季節の入り口で

第五十七回
青嵐に乗っていく

第五十八回
一つの旅の出会い

第五十九回
東京days

第六十回
ホーライ(季節の女神たち)の声、追いかけて

第六十一回
黄金の五日間と湖底の街、そして これから

第六十二回
未来という希望と美の種そしてつづいてゆく道

第六十三回
美の種の力と人の心

第六十四回
雪の風に吹かれ、花の香りが降り注ぐ

第六十五回
蒔かれた美の種と初めての舞台衣装

第六十六回
「静」の時間

第六十七回
訶梨勒(かりろく)色の秋の始まり

第六十八回
消えるもの、忘れること 迎えてくれる場所

第六十九回
月のように、太陽のように

第七十回
東北の雪の街も、南の海のかなたの国も

第七十一回
春は逝き、夏は来る

第七十二回
花が、華が・・・・・

第七十三回
忙しい国

第七十四回
久しぶりに旅のお話しと・・・

第七十五回
華となって飛ぶ美の種と時間

第七十六回
小春日和と母と息子

第七十七回
自分の世界と微笑みと

第七十八回
別れと始まり・・・また、いつか

第七十九回
光のように駆け足で

第八十回
そうして 新しく 新しく

第八十一回
早花咲月から得鳥羽月へ

第八十二回
心の彷徨と旅への憧れ と これからのこと

第八十三回
NEW 再びの始まり